日本の特別な日に

本日8月6日は、日本人にとってとても重要な歴史的な日です。71回目の【広島原爆の日】だからです。今日ほど、日本人が平和について考える日は、他にはないと思います。

そして、平和を願うスポーツの祭典のリオ5輪開催日でもあります。そんな中、東シナ海の尖閣沖に、中国船200隻以上が侵入したというニュースが報じられた。

明らかに、平和を願う今日にしてもいい行動ではない。必要以上に緊張感を高めるだけである。

当然、日本側はかなり厳重に抗議をしたとのことだが、これまでの経緯を考えると、よりエスカレートさせていくと思われる。中国の覇権思想は、年々危険度を増しているように感じます。

どう考えても、領海侵犯を今日行う意味が理解できない、日本側とすれば。

中国は、韓国のアメリカの迎撃ミサイルシステムの導入にも反対の意思を表明している。

そして、南シナ海では確実にその勢力を伸ばし続けている。

北朝鮮のミサイル問題といい、中国の領海侵犯といい、日本の現状は決して楽観視できる状態ではないと思います。日本の安全保障は、米軍依存の状態なのは、周知の事実。

もう目の前に危険が迫ってきていると、言えるかもしれないような状況だと、私は考えます。

そろそろ、日本は平和な国と言うのには、限界が来ているように感じます。
沖縄の脱毛は口コミを見なきゃ損